鈴木将浩のまったり活動ブログ

新規・主要施策⑤ 子育て支援策

こどもファーストを掲げる市政の中、新たな子育て支援策もいろいろ出ています。多胎妊産婦への支援や家事支援に関する授業が行われる予定です。また、支援策とは少し違いますが、北部保育園で低年齢時保育が拡充されます。近年は0から2歳児の低年齢時保育の需要が高まっているため、受け入れる保育園が増えるのは非常に良いことですね。

多胎妊婦健康診査

通常の妊婦健康診査に、5回分を追加で費用助成が行われます。多胎妊婦の母子の健康管理と負担軽減のため、公費助成の回数を拡充する形になりますね。

多胎妊産婦サポーター事業

多胎妊婦や多胎家庭へサポーターを派遣し、育児や家事支援を行います。多胎妊婦から出産後の就学前までが期間で、週に1回、2時間までとなります。

家事支援事業

妊婦から3歳の誕生日を含む月までの期間、1時間500円で家事支援を行います。シルバー人材やヘルパーの方がお手伝いに来てくれる形になりますね。(7月1日から予定)

北部保育園の低年齢時保育園拡充

令和4年4月からなので約1年後、最大18人の受け入れが可能になる予定です。令和3年度は保育園の隣地に乳児棟を建設し、駐車場の整備も行われます。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


一般質問




新型コロナ関連 まとめ

発熱・かぜ症状の方

カテゴリー

蒲郡PRムービー


GAMAGORI 360° Outdoor Activities

最近の記事

PAGE TOP