鈴木将浩のまったり活動ブログ

第1回花火甲子園、ちょっとだけお手伝い。

11月16日にラグーナビーチで第1回花火甲子園が開催されました。

愛知県では初となる花火競技大会で、全国からも注目を浴びた花火大会となった今回の花火甲子園。青年会議所繋がりで、当日夕方からお手伝いに行ってきました。会場整理やチケット交換のサポート、あとは怪我をされてしまったかの救急お手伝いなどをしつつ、個人的には初めての花火競技大会も見学させていただきました。

蒲郡まつりのように、ドンドン花火が打ちあがるというものではなく、間を置きながら1発1発丁寧に上がっていく形。聞くだけだと面白みに欠けるかもしれませんが、その1発1発が今まであまり見たことがない花火ばかりで、こういった形式の花火大会も面白いなと思いました。あと個人的には、ロケーションの関係なのか、遮蔽物がほぼないからなのか分かりませんが、かなーり大迫力の花火だなぁという印象を受けました。ラグーナビーチで、もっと花火大会すればよいのにと個人的には感じましたね^^

大会趣旨
 愛知は花火メッカと呼ばれながら、花火競技大会といった花火師の技術を競い合う大会が現在ございません。そこで、花火という誰からも愛され、わかりやすい手法を用いて、愛知の活性化を図り、そして国連が定めました、2030年までの持続可能な開発目標であるSDGsの理念にそった花火競技大会を開催いたします。
 また、平成が終わり新たな年号となる2019年度に全国初となる新年号の花火競技大会(煙火協会公認)を開催することは、愛知がより全国から注目され、全国から多くの人々を招き入れる事につながります。花火甲子園の構築に際し、大会に携わる全ての人、花火競技大会に訪れる全ての人を笑顔にする大会を構築してまいります。

全国花火競技大会とは
 花火競技大会では、他の花火大会と違い、1つの花火現場に全国各地から複数の花火業者を呼び、花火の大きさや数量規制などのルールが設けられおり、点数を付けて順位を明確に決めます。
 出場花火業者はルールに従い、高得点を出せるように花火を打上げます。特徴としては、競技大会では各社がとっておきの花火を出品しますので、技術力の高い様々な花火を観ることができます。花火が打ち上げられる度に出場業者が紹介されます。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

一般質問




新型コロナ関連 まとめ

発熱・かぜ症状の方

カテゴリー

一般質問の様子

令和元年12月定例会


令和元年9月定例会


蒲郡PRムービー


愛知大学の学生さんが作った
名鉄西尾・蒲郡線PR



うるわし蒲郡
短歌、俳句が生まれるまち


最近の記事

  1. STOPコロナ差別

    2020.11.29

PAGE TOP