鈴木将浩のまったり活動ブログ

新年度事業 vol.7「河川浸水対策=浚渫」

台風シーズンになると、最近よく耳にするのが河川の氾濫。
「想定外」で片付けられないほど、周辺地域への被害が甚大になります。

そこで、必要になってくるのが「浚渫」です。

河川内に土砂が堆積していると水の流れを妨げしまうため、その土砂等を撤去するのが浚渫です。簡単に言ってしまえば、埋まっちゃってる土を撤去にして、スムーズに流れる川にする作業ですね。蒲郡でも台風はもちろん、いつ豪雨に見舞われるか分からない状態のため、危険性のある場所から速やかに行っていく必要がありますね。

このような工事はどうしても費用がかかってしまいますが、市民のいのちを守る重要な事業です。一度河川が氾濫してしまうと、浸水被害はもちろん、人命にかかわってしまいますからね。令和2年度には「西田川、落合川、尺地川、天神川」の4河川の一部で浚渫工事を行う予定になっています。この事業は令和3年度以降も、水が流れる面積に対して堆積土砂等が占める割合が多い所から行っていく予定になっています。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

令和2年度6月定例会




新型コロナ関連 各種制度まとめ

6月定例会 承認施策

2020年5月8日現在

カテゴリー

一般質問の様子

令和元年12月定例会


令和元年9月定例会


蒲郡PRムービー


愛知大学の学生さんが作った
名鉄西尾・蒲郡線PR



うるわし蒲郡
短歌、俳句が生まれるまち


最近の記事

  1. STOPコロナ差別

    2020.11.29

PAGE TOP