鈴木将浩のまったり活動ブログ

総務委員会@香芝市のデマンド交通①

1月20日・21日の2日間、総務委員会の行政視察へ行ってきました。

今回はデマンド交通・コミュニティバスに関連して、奈良県の香芝市・大和郡山市を訪問しました。コミュニティバスは、蒲郡では形原に続いて、東部と西部の2路線が本年度加わって現在3路線。現在は、三谷や大塚でも動きがあるということで、益々重要な施策になってくるための行政視察となります。

香芝市は人口8万人弱で蒲郡市とほぼ同じで、面積は蒲郡市の4割程度とかなり密集しています。2040年までは人口増加傾向になるようで、蒲郡市にとっては羨ましい限り。3つの鉄道路線、高速道路、国道2本と交通の便が良いのも特徴です。

そんな香芝市には「デマンド交通」の勉強へ行ってまいりました。
デマンド交通とは、事前予約し他の方と乗合ながら希望に合わせた時間で運行し、自宅付近からあらかじめ設定した目的地まで移動できるのが特徴。簡単に言えば「タクシーが自宅までやってきて、好きなとこまで行ってくれる。但し、乗り合いになるから遠回りするかも」ってイメージです。

デマンド交通はコミュニティバスと違って「予約をする必要がある」というデメリットがありますが、以下のような様々なメリットもあります。
○バス停まで行かずに自宅から出発できる
○好きな時間に利用が出来る
○バス路提がない地域も利用可能

香芝市はデマンドタクシーを8台導入しているそうですが、1時間の空白時間がないくらいは利用されているそうです。ちなみに、香芝市はコミュニティバスもデマンドタクシーもあります。市役所へ向かうために歩いている道中にデマンドタクシー、市役所前にコミュニティバスも発見しました

つづく……

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

一般質問




新型コロナ関連 まとめ

発熱・かぜ症状の方

カテゴリー

一般質問の様子

令和元年12月定例会


令和元年9月定例会


蒲郡PRムービー


愛知大学の学生さんが作った
名鉄西尾・蒲郡線PR



うるわし蒲郡
短歌、俳句が生まれるまち


最近の記事

  1. STOPコロナ差別

    2020.11.29

PAGE TOP