鈴木将浩のまったり活動ブログ

一般質問@ワクチン接種ウェブ予約

6月定例会で行いました一般質問のうち、新型コロナウイルスワクチン接種ウェブ予約について簡単にご紹介します。

ウェブ予約の状況

◯5月末時点で65歳以上の予約数は41006件で、かかりつけ医への直接の予約を除くと、電話予約とウェブ予約が凡そ1:1になっている。
◯5月12日と5月17〜19日の予約開始の日が非常にアクセス数が高かった。ウェブ予約の約8割が上記日程で予約されている。

ウェブ予約の改善点

◯2回目の予約について
1回目と2回目の予約に分けていることで、単純に手間がかかることに加えて、1回目を予約した後、2回目の予約をしようとした際に、すでに満席で予約できない事態が発生しています。1回目と2回目の予約を一括でできるシステム、もしくは何らかの対応策が必要だという質問を行いました。6/15までアンケート調査を進めていて、最善な方法となるようにできる限りの改修を検討するそうです。

◯アクセス制限について
予約が始まる5月12日(75歳以上)、5月17〜19日(65歳歳以上〜75歳未満)を中心に、予約が集中してアクセス制限をして、予約が繋がらない状態が続いていました。実際には、ウェブ予約の約8割が上記の4日間で行われているので、予約できているとは言えますが、それでもアクセス制限が頻発したのは問題かと思います。こちらは接種券を分散して発送するなど、対応策を考えていただけるとのことです。

今後の予約を見据えた対応

◯企業・大学等の職域接種
接種券なしでも接種を受けられる可能性があり、現時点では市のシステム予約の利用は想定していない。市外の方、コールセンターでのみ予約受付中で、今後一般接種が開始されるにあたりWEB・LINEでも予約ができる方法を検討中。

◯障碍者の方
聴覚障害の方は電話での予約が難しいため、WEB・LINEのほかにFAXでも予約を受け付けている。
視覚障害の方はボランティア団体に点訳・音訳の協力をしていただき、点字及び音声CDにて接種券や電話予約受付のコールセンターの連絡先や医療機関一覧が記載された案内チラシを配布している。

◯外国人の方
WEB・LINEの予約方法を英語、タガログ語、スペイン語に翻訳したものやひらがなで表記したものを関係機関より周知いただいているほか、コールセンターでは通訳との3者間通話での予約受付が可能。今後システムにおいても英語併記等の外国語対応を検討する。

◯未成年の方
学校での接種とも調整を図りながら検討をすすめてまいります。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


一般質問




新型コロナ関連 まとめ

発熱・かぜ症状の方

カテゴリー

蒲郡PRムービー


GAMAGORI 360° Outdoor Activities

最近の記事

PAGE TOP